二世帯住宅を成功させるポイントとは何か?


購入資金の負担割合を事前に決めておく

家造りで二世帯住宅を建てる場合、購入資金の負担をどうするのかを前もって決めておくという事が重要です。親子でそれぞれどの程度負担するのかという事を早めに決めておくと、スムーズに物事が進みます。
逆にこの負担割合がいつまでも決まらないと、建築会社に支払う時期も遅れてしまい、その分建築作業や引き渡しも先延ばしになってしまいます。
またお互いにしこりを残さないように、納得した形で割合を決めるという事も重要です。どちらかの負担額が一方的に多くなりすぎると、わだかまりが残ってしまい、実際に家が完成して住むとなってもぎくしゃくしてしまいますので注意が必要です。

毎日使うスペースは別々にしておく

毎日使用するようなスペースは前もって別々にするという事も重要です。具体的にはお風呂や台所それからトイレ等です。二世帯住宅では共用スペースを作る事で、お互い元気かチェックする事が出来、なおかつコストも抑える事も出来ます。しかしお風呂や台所そしてトイレといった使用頻度が多い部分は共用にするとトラブルになる原因になります。何故ならそれぞれの生活スタイルが異なるからです。毎日の食事や入浴時間は各家庭ごとで異なります。これを一緒にしてしまうと、どちらかが一方の生活スタイルに合わせるという事になってしまい、ストレスにもつながります。その為二世帯住宅でお互い快適に暮らす為には、出来るだけ毎日使うような場所は分けた方が良いです。もちろん玄関も別々にする事で、プライバシーの確保も出来ますし騒音によるトラブルも避けられるのでおすすめです。

二世帯住宅を建てる際、世帯間でどのようなコミュニケーションを取って生活するかを考えて、間取りや住居スペースを検討すると良いです。