賃貸住宅に長期的に住む時の選ぶポイントとは

古い賃貸物件を避けるのがおすすめ

賃貸住宅に住む時には、なるべく古い物件を避けるようにします。古い物件は、家賃が安く設定されている場合が多く金銭的な面を考えると負担が軽減されます。つまり、月収が高くない人や学生で経済力がない場合だと、家賃が安い方がメリットが大きいので、古い物件を選んでしまう人も多いです。ただ、古い物件は安全面で若干の不安があるという点は覚えておく必要があります。例えば、大きな地震が起きた時には耐震強度が弱い住宅だと被害が大きくなってしまいますよね。古い物件は、老朽化によって耐震強度が弱くなっている可能性が高く、大きな地震が起きた時に問題が起こりやすいです。特に長期的に耐震強度が弱い住宅に住むと、その分リスクが高くなるでしょう。

なるべく1階と最上階を避ける

長く住む賃貸住宅を選ぶポイントは、1階と最上階を避ける事です。まず、1階は移動の部分で負担が軽減されますが、空き巣被害にあいやすいというデメリットがあります。1階の場合は、玄関だけでなくてベランダからも侵入されやすく、結果的に空き巣被害を心配しながら生活しなければいけない可能性が高まるでしょう。空き巣被害にあうと、金品が盗まれたり、大きな被害にあわなくても知らない人に家に入られたという恐怖感で精神的にダメージを受けてしまいます。また、最上階は空き巣被害にあう危険性がほとんどないですが、その代わりに火事が起きた時に逃げ遅れる危険性が高いです。このように、1階と最上階は不安要素があるので、それ以外の部屋を選ぶのがおすすめです。

網走の賃貸には防音設備が整っている物件もありますので、自宅でギターやピアノといった楽器が弾きたいという方には最適です。