住まいのすべてのエネルギーを電気に!オール電化の賃貸住宅のメリットをご紹介


オール電化の賃貸住宅の設備とは

住まいのライフラインをすべて電気で供給するオール電化の賃貸住宅。子どもがいる家庭であれば、火を使わないので安全性の高さに魅力を感じる人もいるでしょう。ガス漏れや火災などのトラブルが起きにくいので安心感があります。オール電化の賃貸住宅の設備状況は、キッチンであればガスコンロに代用してIHクッキングヒーターが置かれています。そして、従来なら水回りの場所ではガス給湯器が設置されているのが一般的でしたが、オール電化の住まいは電気温水器や電気給湯器の設備があることが多いです。暖房器具は蓄熱式暖房機やエアコン、床暖房の設備を採用している賃貸住宅もあります。賃貸物件によってオール電化の設備環境は違いがあるため、入居前によく確認しておきましょう。

オール電化の賃貸住宅を選ぶ!メリットを解説

オール電化の賃貸住宅を選ぶメリットは、CO2を排出することがないので、住まいの空気をいつでもクリーンに保てるところです。プロパンガスや都市ガスのように、部屋内に燃焼ガスの発生、過剰な油煙や水蒸気の発生もありません。そのため、キッチン回りや換気扇の汚れも抑えられますし、表面がフラットなIHクッキングヒーターは普段の掃除やお手入れも楽になります。

そして、ガス代がかからないことから、光熱費の管理がしやすくなるところも良いポイントです。ガス代の基本料金も発生することがなく、光熱費のコストも抑えられます。また、災害により電気やガス、水道が止まってしまったとき、一番早いライフラインの復旧は電気と言われています。日常生活に欠かせない住まいのエネルギーの設備を、いち早く使用できるようになります。

北海道千歳の賃貸は1LDK、2LDKで平均5万円の物件が多いです。外観の色や設計にも素敵なこだわりが感じられる物件がたくさん並び、不動産サイトを見るだけでもとてもワクワクします。